So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

自転車の取締りと自転車道の整備 [自転車]

警察庁のホームページ(http://www.npa.go.jp/)に【良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について】と題した広報文その他が掲載された。
内容としては自転車運転者による事故の増加とマナーの悪さ改善のための指導罰則の強化とそれに伴う自転車通行環境の改善である。
まあ、何をいまさらと思うのであるが、予てから希望していることなのでぜひ推進してもらいたい。
この中で「平成 27 年までに 24 時間死者数を 3000 人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する」と謳っているのである。
ぜひ実現してもらいたい。

尤も「尤も隗より始めよ」の教えの通り、お巡りさん自ら車道を走り、ヘルメットを着用し模範を示してほしい。

諸兄にとっては当然のことと思われることだが、今更ながら自動車のための道路がやっと自転車通行にも供されることは喜ばしいかぎりである。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

緑のカーテンその3 [環境・エコ]

今日は終戦記念日でした。昭和20年代生まれ(最後の年)の私にとっては、子供の頃はまだ進駐軍の影響はありました。
といっても頭にDDTをかけられたぐらいですが。
そんなことを思い出しながら平和ながら生き難い今日この頃を思うのでありました。
話は6月ごろに植えたグリーンカーテンです。
順調に育っているかどうかは近所に比較する物がないので分かりませんが、今年はチャレンジした人も多かったのではないでしょうか。
先ずは収穫物から・
ゴーヤ

にがうり.jpg

いつまでも白いまんまなので、いつ青くなるんだろうと思って試しに収穫したが、思えば白いゴーヤだったような気が。
続いてキューリ、全6株中2株ですが、すでに10本ぐらいできたかと。

きゅうり.jpg

取立ての野菜は格別です。皮はそんなに固くなく身はみずみずしくてやわらかい。
このきゅうりは葉っぱの下に隠れていて見過ごし少し大きくなりすぎました。

南側の日当たりのよいカーテンです。あまり伸びませんがきゅうりがたくさん出来ました。

南面.jpg

green1.jpg

西面はあまり実は出来ませんがよく伸びています。1階部分は植え込みがあるので少しかわいそうです。

西面.jpg

全体的としてはカーテンには程遠いかな。


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちょっと涼しいところ [自転車]

毎日毎日暑い日が続きますね。
自転車に乗ってるおかげで夏バテはしません。
でもこの前の小豆島ツアーでやっぱり疲れたんでしょう。
疱疹が出てしまいました。醜い顔を出すと暑さを増すだけです。
いつもの宝塚に加えて六甲アイランド周回の後、ちょっとだけ涼しいところに行ってきました。
高座の滝と言います。
住宅街からそれほど離れていませんが六甲山麓の涼しさを少しだけ味わいに行きました。

涼感.jpg

もみじの青さは涼感を増しますね。さらに下を流れる清流と谷を渡る涼しい風で一気に汗が引きます。
もっとも茶屋のベンチを使わせてもらってますので、お愛想で缶ビール一本購入しては汗は出ますが。
飲酒運転はいけませんよ。(すみません)

涼を求めてお客さんも来ました。

一休み.jpg


さあ自宅まで5,6分をダウンヒル。安全第一

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

小豆島フェリーの旅 [自転車]

7日(日)に小豆島に行ってきました。
前日の夕方に明日は何しようかと考えて、小豆島に行ってみようか、と言うことになりました。
小豆島へは高松行きのフェリーが神戸第3突堤から出ており、7月から小豆島経由になりました。
小豆島へはまだ20歳ぐらいのときに航海実習で草壁港に入港し、寒霞渓に登ったことがあります。
島は牛のような形をしていると言われています。
マップ.jpg

今回使ったフェリーは坂手港に入港します。地図にある後ろ足のすね辺りにある港です。
さあコースはどうしようか。草壁あたりから寒霞渓ロードを通って頂上から島全体を見渡して、島の北側に抜け時計回りに坂手港に帰ってくるコースも考えました。
でも、6%位の坂が12キロ近くも続くとなるとこの炎天下どうなることか分かりません。
そこで島一周にすることにしました。港から時計回りに約80キロです。
前日の夕方に思いつき食料、地図の印刷、コースをルートラボで作成しGarmin500にダウンロードしました。
家族からは「えっ」とおどろかれましたが。
初めてのコースの場合はGarmin500でナビしてもらいながら走ります、とても便利です。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9516aedc14e169c7eadd1b51a6204428
やっと11時過ぎに支度が終わり、後はエチケットのすね毛ぞりです。
遠足に行くような気持ちで当日は朝の3時40分に起床しました。
当然のことながらまだ暗く、簡単に食事?(ゼリー1袋)を食べて4時10分には出発した。
暗い道では補助灯程度のライトの明るさでは路面が見えません。こんなときに備えてもっと明るいライトが要りますね。
もちろん赤色の尾灯もつけます。
4時50分ぐらいに港に到着してそれから輪行袋に収納して、フェリーに乗船したのが5時10分ぐらいでした。
とりあえずほっと一息です。乗船率は7,8割がたと言うところでしょうか。あたりはもう薄明るくなってきました。

フェリー.jpg

日の出.jpg

明石大橋の下を7時ぐらいに通過しました。いつもは陸側から見ている橋です。向こう側に淡路島が見えます。

明石大橋.jpg

3時間後、坂手港に着きました。のんびり感が漂っています。瀬戸内海の島らしく海辺まで木々が茂っています。

坂手港.jpg

予定より20分遅れの9時の着岸でした。
下船後自転車を組み立てた頃にはもうフェリーからの車の下船は終わった後でした。
地元の人が「今日の船からはいっぱいの車が降りたね」と言うぐらいでしたから乗客はいつにも増して多かったのでしょう。
先ずは二十四の瞳の分教場目指し岬の東側の海岸べりのコースを取りました。これがすごい道で車1台がやっとの幅で道路には竹、広葉樹の葉っぱで路面が見えないぐらいでした。
この道を通って児童は岬の分教場に通ったのだろうなと思いを馳せ、今にも浴衣を着た子供が出てきそうな雰囲気でした。
この道路はルートラボで直線ツールでルート作りをする必要がある位ですから普段は獣道同様なんでしょう。
分教場では200円の見学料で教室の中身をみました。10人ぐらいの教室が3部屋ありました。小学生の頃使ったような机と椅子が並べられていました。

分校1.jpg


それから島の南側、牛のお腹にあたる道路を快調に飛ばします。追い風であったこともあり巡航速度35キロぐらいで走り、この分だと12時過ぎには港に戻るんではないかと思うぐらいでした。これが後で思うと「何を甘いことを」と言うぐらい快調でした。途中寒霞渓の
入り口がありかなたには頂が見えます。なかなか厳しい山容です。

寒霞渓.jpg

一周といいながら今回は前足と口の部分は省略しました。
島の西部を過ぎていよいよ北部に臨む牛の角の部分です。南部が女性的であれば北部は男性的な風景です。
それでも瀬戸内なのでのんびりした穏やかな風景です。

北部.jpg

ここからは予想だにしなかったアップダウンの繰り返しが続きます。最初の頃は変化に富んでいてなかなかに面白いコースだと思ったが、これが延々と続くと炎天の下、確実に体力を奪ってきます。
それに冷たい物でもと思っても南部ではあれほどあった飲食店がさっぱり姿を消すのです。漁村とその村のお墓が同じようなパターンで繰り返されます。
時々変化があるのは古くは大阪城の石垣用に切り出された後の、荒涼とした山肌が立ちはだかるように見せる山が現れることです。これは一見の価値があります。写真は切り出されて時を経て樹木が覆っていますが形は当時のままです。

切り出し.jpg

このころはもう暑くて疲れて小さな公園でまだ20数キロあるんか、とたそがれていた頃でした。
ここからいよいよ牛のお尻つまり西部を南下することにします。
ここからはアップダウンはなくなります。楽になったと言うことではなく上りが延々と続くんです。たまに気休めのくだりはありますが。ショートカットで坂手につながるトンネル、峠道もあるんですが南の突端の灯台目指してひたすら登るのみ。ここで倒れたらどうしようもないだろうなと、ソフトバンク携帯も圏外、車1台とも途中で会いませんでした。一人旅はこれが心細いんです。
灯台の少し手前で路上に大きな鳥を見ました。よく見るとオスの孔雀が悠々と歩いています。東部に孔雀園があったので逃げ出したのかと思いましたが、優に30キロは離れています。
やっと灯台に着きました。

灯台.jpg
ちっちゃな灯台
灯台本体.jpg
灯台横から眺めた瀬戸内海らしい島です。のんびりしますね。

島.jpg

ここまで来ればあと一息下りの楽チンコースです。
港に着いたのは2時半。
帰りのフェリーがこれまた混雑で足の踏み場もないぐらいでした。最後は床にごろんと寝転がり瀬戸内海の夕日を見ながら、帰宅したのはとっぷりと日も暮れた9時でした。
翌日はデスクの前でこくりコクリと。

秋になったら今度は寒霞渓にもみじ狩りを兼ねてヒルクライムに挑戦しようかと。



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ツール・ド・フランス [自転車]

いよいよツールドフランスまであと2週間となりました。
このためにJsports Plusを契約しています。
公式プログラムも買って準備万端。
【概要】
7月2日~24日23日間、走行距離:3430.5Km、23の峠を走ります。
それはもう気の遠くなる距離です。思わずアレー、アレーと叫んでしまいそうです。

SANY0210.JPG

どこを走っているかを知るためにもコースマップも貼っています。

SANY0209.JPG

後はじっくり始まるのを待つだけだワン。

SANY0207.JPG

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

パンク修理 [自転車]

先日のメモ帳の使い方でもありましたが、今右ポケットに一枚だけしなければいけないことが残ってます。
ここ2週間ほどポケットに残っており精神衛生上よくありません。
それはこれです。

SANY0207.JPG

ロード2台、MTB2台、小径車1台持っていますがそのうちのMTB1号がパンクしています。修理しなければ。

SANY0208.JPG

今更パンク修理の仕方なんてと思いますが日記がわりに。
ロードのパンクはタイヤをいいやつを張り込んでいるのでパンクの箇所がすぐ分かりますが(パンク=大きな穴)今回はすぐには抜けていないようです。いわゆるスローパンクと言うやつですね。
と言うことで水のお世話になります。あった、あったここや。

SANY0210.JPG

先ずはお決まりのとおりチューブの表面を紙やすりで荒らします。

SANY0211.JPG

そのあとゴム糊をつけてパッチを貼れば出来上がり。ゴム糊塗布の後は少し時間をおきます。以前はイージーパッチを使っていましたがあれは一時的な使用にはいいんですが、時間が経つとなんだかふやけたようになっていけません。今ではきちんとゴム糊とパッチで直しています。

SANY0212.JPG

言うまでもなく修理後の中部をタイヤに入れるときには少し空気を入れて扱いやすくします。

SANY0213.JPG

空気を入れてと。

SANY0214.JPG

MTB1号はMuddy Foxです。古いです。でもメンテすれば鉄なのでいつまでも走ってくれそうな。
タイヤをはめるときMTBのカンチブレーキに当たって入らなかったので空気をいったん抜きました。

SANY0215.JPG

そうそう終わった後はメモをクシャクシャしてと。

SANY0216.JPG

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

緑のカーテンその2 [環境・エコ]

1ヶ月前に買ったゴーヤ4株の苗の成長過程
買ったときには2株は少し大きく、2株はやや小さい物でしたね。
大きい2株は同じコンテナに植えました。
小さい2株はあまりにも成長が遅くカーテンになるのか・すだれ・になるか危ぶまれたので
さらにきゅうり2株を買って一緒に植えた。
約1ヶ月後の状態
先ずはゴーヤ組


IMG_0201.jpg

それなりに成長しているが日当たりが悪いのでひ弱い
下のほうの葉は虫食いがある
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ゴーヤときゅうり組その1
やや成長の遅いゴーヤと立派なきゅうり
なぜか画像がぶれている

IMG_0200.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ゴーヤときゅうり組その2
ゴーヤは猫に踏まれかじられているので一番成長が遅い
育つか心配
でも一番日当たりのよいところなのでこれからを期待

IMG_0199.jpg

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

メモ帳 [勤め人]

文房具です。横文字でステーショナリーです。
今お気に入りはロディアのメモ帳。
舶来のちょっとしたメモ帳は値段が張りますがその中でも廉価なので気楽に使えます。
色々サイズがあり今使っているものは下の2種類です。
大きさが分かるようにガーミンのサイクルコンピュータを並べてますが、分かる人にしか分からないかもしれません。
去年から使っているのは小さいほうでこのシリーズでは最小の物で80枚168円です。まあ2円/枚といったところですか。利点を考えると安い物です。
何に使っているかと言うと早い話がToDoメモです。
いつもポケットに入れて思いついた時にメモをして1枚ずつ切り離します。
あらかじめ切れ目が入っているので簡単に切れ、また切り離すときの音が「ぴりっ」と小気味いいのです。
今日中にやらなければいけないメモはそのままズボンの右ポケットに入れます。
1週間単位とか今月中(ほとんどいつかやろうと思っていること)は手帳の該当のポケットにはさみます。
今日中にやらなければいけないことを処理しないと右ポケットにたまってきます。
するべきことはそのとき覚えていてもややもすると忘れるものです。それを頭に貯めておくのも大変です。
自動的にポケットから取り出して処理をすればいいのです。
これで「あれもしなければ」「これもしなければ」と言う焦りから開放されます。ただ、自動的に処理すればいいからです。

shou.jpg

IMG_0198.jpg


大きいほうは打合せに使っています。

dai.jpg


よく年末に翌年のために見栄えのよいノートを買いますが、特に顧客との打合せは同じページに書くとほかの顧客との打合せ内容が見えてしまうのでどうしても次ページの先頭から使うことになります。ひどいときには次の見返しから書き始めるので非常にもったいない使い方になります。
会社の大学ノートを使えば自分の腹が痛むわけでもないので困らないのですが、この年になると大学ノートを使うのは少し気が引けます。
このメモに日付を書いて日付ごとにノートに貼るようにしています。

会社生活でもアクセントがあると少しは楽しくなります。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

整備その2 [自転車]

先週雨天のため整備をしましたが取り外したままです。
いけませんね今日は晴れたと言うのにたった今組みつけが終わったところです。
沐浴させていたカセットを「さあそろそろお風呂も終わり」と引き上げウェスでふき取りをします。

IMG_0187.jpg


皆さんはチェーンとかカセットを洗った後のディグリザをどうしてますか?
私はこの写真のように洗った後の液体をロートに珈琲フィルタをかぶせてろ過して再利用しています。
ディグリーザはウィスキーぐらいの値段がしますからね。
尤もウィスキーは使えばなくなりますが。

IMG_0186.jpg


その後フロンとディレーラの調整をしましたが、リアディレーラと比べ物にならないぐらいに面倒くさいですね。
頭が混乱してきます。

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車整備 [自転車]

この土日は台風の影響で自転車に乗ることもなく、みなさんのため息が聞こえてきそうです。
と言うことで今年の初めに組上げてからふき取り・油さしぐらいしかしていなかったロード2号の整備です。


自転車.JPG

ロード1号はチェーンは切り離し可能なようにしていたのでチェーン洗浄は頻繁にしていたのですが接続部で少し引っ掛かりがありました。
と言うことで2号は通常通りにコネクティングピンでつないでいたのでふき取りのみでしたが、今回はチェーン洗浄ツール(ディグリーザを入れた容器にチェーンを通すやつです)でぴかぴかにしました。

SANY0206.JPG

プーリーも油と土で団子のようになっていたのでふき取りをして

SANY0199.JPG

ついでに外しました

SANY0204.JPG

アルテグラ(6600)のガイドプーリの軸受け部はセラミックになったんですね。1号のプーリーはDURAですがそれより進化しているような。
さらについでながらカセットも外しディグリーザに沐浴です。

SANY0205.JPG

このあとはそれぞれを組み込んで調子の悪いフロントディレーラの調整をするつもりです。
#1号は最近乗っていないのでピカピカのまま

それにしても外は台風(温帯低気圧になりました)の影響ですごい風です。
山に行くと道路は葉っぱやら木の枝やらで覆いつくされていることでしょう。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。